• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【教育技術小一小二/小三小四/小五小六7/8月号購入者特典】「秋の運動会ダンス」お手本動画でダンスマスター!(PR)

2019/6/14

『教育技術 小一小二』『教育技術 小三小四』『教育技術 小五小六』7/8月号本誌に掲載されている「秋の運動会ダンス」特集。解説しているダンスのお手本動画がご覧いただけます。

 小一向けダンス「Lemon」を踊るのはMIKA先生
小一向けダンス「Lemon」を踊るのはMIKA先生

パスワード掲載ページをチェック

『教育技術 小一小二』『教育技術 小三小四』『教育技術 小五小六』2019年7/8月号の各特集ページに記載されているパスワードを入力の上、ご覧ください。

各誌記事ページ
各誌記事ページ

パスワード掲載ページ
『教育技術 小一 小二』 46ページ
『教育技術 小三 小四』 21ページ
『教育技術 小五 小六』 41ページ

※今回から、パスワードのみの入力になりました(IDの入力はありません)。

「秋の運動会ダンス」曲リスト

1年 Lemon(歌・ 米津玄師)
2年 君のようになりたい(歌・ Little Glee Monster )
3・4年 ワタリドリ(歌・[Alexandros] )
    一緒にいこう(歌・GReeeeN )
5・6年 学園天国(歌・フィンガー5)

小二「君のようになりたい」を踊るのは若葉市之丞先生
小二「君のようになりたい」の振付・指導は若葉市之丞先生

「春の運動会ダンス」お手本動画を見る方法

  1. 下記の「ダンス動画ページへ」をクリックします。
  2. ダンス動画集のもくじページにジャンプします。ご覧になりたい動画の画像にある入力欄にパスワードを入力して「動画を見る」ボタンを押すと、再生されます。
  3. お手本動画には、通常のグループダンス動画と、ソロ(ミラー版)があります。 ソロ(ミラー版) は、動画を見ながらいっしょにダンス練習しやすいものになっています。
  4. 画面いっぱいに表示させたい場合は、動画下の全画面モードアイコンをクリックします。

文/『みんなの教育技術』編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

行事記事一覧

小学校の年末お楽しみ会を盛り上げる!楽しいゲーム5選

絶対盛り上がるお楽しみ会のアイディアを紹介します。一年生にとって二学期は、初めての行事をたくさん経験し、集団生活にも慣れてきた頃かと思います。残り三学期を楽しく…

小学校お楽しみ会演出の3ステップ

子どもたちが夢中になるお楽しみ会。そこでの学びを充実させるためには、事前の「自治的な計画」、当日の「楽しい演出」、事後の「主体的・対話的な振り返り」が必要です。…

2019/12/7

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

もっと見る